Menu

診療内容

Home

当院では、皮膚科疾患全般について広く扱っております。
皮膚科は皮膚にできた病気以外にも、髪の毛や爪疾患もとりあつかう診療科です。
必要に応じて周辺の医療施設との連携を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

一般診療

湿疹かぶれ、アトピー性皮膚炎などの湿疹群やじんましん

水虫(足白癬、爪白癬)カンジダなどの
 真菌(かび)のかかわる病気。

トビヒ、おでき、ニキビなどの細菌のかかわる病気。

口唇ヘルペス帯状疱疹、みずいぼ、
 尋常性疣贅(イボ)などのウイルス疾患。

ホクロ粉瘤脂肪腫などの腫瘍(できもの)。

シミ老人性イボなどの皮膚の老化に伴う皮膚の変化。

ホクロのガン(悪性黒色腫)などに代表される
 皮膚の悪性腫瘍(皮膚癌)。

陥入爪、巻き爪などの爪疾患や脱毛症などの毛髪疾患。

ヤケド外傷などの物理的損傷。

その他、多数の疾患が皮膚科にはあります。

皮膚にトラブルが生じた際には皮膚科専門医の診察をお勧めします。

皮膚外科

主な対象疾患は皮膚にできる腫瘍です。
代表的なものには、色素性母斑(ホクロ)粉瘤脂肪腫などがあります。

そのほか、悪性腫瘍(皮膚癌)の検査のための皮膚生検(組織検査)も行っております。
陥入爪や巻き爪の手術も行っております。

そのほか、軽度ものものであれば熱傷などによる皮膚潰瘍への植皮なども可能です。

美 容

当院では、シミ・脱毛など美容に関するご要望もお受けしております。
また美容治療ではフォトRF(オーロラPro)と言う機器を使い以下のような症状改善を行います。

リジュビネーション  (皮膚の若返り)

① 色素斑の改善、美白効果。
② 皮膚のハリ、小じわ、毛穴開大の改善。
③ 赤ら顔の改善。毛細血管拡張の改善。

脱  毛

パルスライトと、RFを組み合わせることで比較的安全に行えるのが特徴です。
とくに、軟毛やうぶ毛などレーザーでの脱毛が困難なものにも適応できます。

保険診療と自費診療について

医療には保険診療自費診療があります。

保険診療と自費診療を同時に行うことを混合診療と言い、
これは禁止されています。

また自費診療を行う場合には、同日に保険診療を行うことはできません
から、予約などで保険診療日とは別の日に受診する必要があります。

以下に保険診療と自費診療の対象疾患の違いについて
簡単に説明します。

保険診療

保険診療

通常の皮膚疾患を対象としたものです。
たとえば水虫や湿疹、かぶれ、じんましん、ヤケドなどは保険で行います。
そのほか、皮膚にできた腫瘍(できもの)の切除や検査もこれで行うことができます。
皮膚の癌の検査もダーモスコピーや皮膚生検などで行うことができます。
陥入爪の治療なども行っています。

自費診療

自費診療

主に美容目的のものが対象となります。

当院では光治療器によるシミ取り、皮膚の若返り治療、脱毛。
医療化粧品による美肌治療。
男性型脱毛(いわゆる若ハゲ)の内服治療などを取り扱っています。


フォトRF(オーロラPro)について~
美容以外では、爪疾患の一部で特殊な材料を使う治療のみ自費で行っております。